MEDIA
GUIDE LINE
W TOKYOグループ メディアガイドライン

第1条(目的)

  1. W TOKYOグループの役員と従業員(正社員、嘱託社員、パートタイマー、派遣社員など全ての従業員)がメディアを通じて、広くコミュニケーションを図ることにより、社会やユーザーとの良好な関係を築くとともに、W TOKYOグループのブランドのイメージや価値の向上に貢献します。

  2. 不適切な姿勢や認識の下でメディアを利用することにより、W TOKYOグループのブランドイメージを毀損し、信頼性を損ねる結果になること、お客様およびお取引先様など個人や団体に対してご迷惑をお掛けすることを回避します。

第2条(情報発信における基本ルール)

  1. 情報発信や対応についての自覚と責任

    インターネットへの情報発信は、不特定多数の利用者がアクセス可能であり、公開された情報は完全に削除できないことを常に意識します。自身の発信が自分自身のみならずW TOKYOグループ全体の評価となり得ることを理解し、相手の発言を傾聴する姿勢を持ち、責任ある行動をとります。

  2. 法令・社会規範・社内ルールの遵守

    ソーシャルメディアの利用・情報発信は弊社の考え方に則り、関連する法令や社会規範、社内ルールを厳格に遵守して行います。

  3. 第三者の著作権・名誉等の権利侵害行為の禁止

    著作権その他知的財産権、誹謗中傷による第三者の名誉、その他権利侵害行為を行いません。

  4. 社外秘情報、お客様およびお取引先様情報の保護

    法令等で認められている場合を除き、機密情報やその他社外秘情報を公開しません。また、お客様およびお取引先様情報を、当該お客様およびお取引先様の許可なく公開しません。

  5. 日常業務における責務を遂行

    情報発信にのみとらわれ、自身の業務に支障をきたすなど、第三者の仕事や生活を妨害する事がないように注意します。

  6. 掲載許諾の厳守

    関係者(芸能事務所・クライアント等)の許諾が必要な場合は当該許諾を得ていることを明示的に確認します。

  7. ブランドイメージの遵守

    メディア、SNSアカウント、チャンネルとして、ブランドイメージを損ねるものにならないよう注意します。

  8. クオリティコントロール

    規約の遵守、誤字脱字、クリエイティブコントロールなど、メディアのコンテンツ価値を保つための確認をチェックリストに基づき行います。

  9. 資産管理

    動画の保存、使用した素材を含め、バックアップが完了していることを確認します。

第3条(提供表記ガイドライン)

  1. あらゆるメディアにおいて、広告スペースに報道記事等の事実を公表するコンテンツを含め、広告コンテンツではないと誤認されるおそれのあるコンテンツを掲載する場合には、広告コンテンツであることを明示し、受け手に誤解を与えないようにします。

  2. 新たな広告手法への対応については、JIAA(日本インタラクティブ広告協会)の「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン」を十分に参照し、より適正な対応基準を定めることとします。

  3. 広告コンテンツの内容が、広告関連の法令に抵触していないか、十分に配慮します。

    (1) 印刷媒体(新聞・雑誌)
    新聞・雑誌媒体の場合は、媒体社との相談の上、当該紙面上に「広告のページ」、「○○社提供」など広告であることを示す記載を表示します。記事広告の紙面において「PR(パブリックリレーションズ)」に対する誤解を生じる可能性がある「PR」という表記は推奨しません。

    (2) イベント
    ステージ・ブース・その他プロモーションを行う際には、企業ロゴ又はサービスロゴを掲載します。

    (3) 動画配信メディア

    • テロップやコメント、静止画などにより、広告によるコンテンツであることを明示します。
    • 【YouTube】動画(配信)ページ概要欄に「提供:●●●●(クライアント名又は商品名(サービス名)」を記載します。
      提供表示の具体的な表現については、使用する表現を変更することがあります。(例:sponsored by、presented by、powered by 等)

    (4) デジタルメディア

    • 記事面(文末)に【提供:●●●●(クライアント名又は商品名(サービス名)】を記載します。
    • 記事面(冒頭)もしくは記事一覧面にて「SPONSORED」表記します。

    (5) ソーシャルメディア
    投稿文面内に、クライアント名又は商品名(サービス名)と投稿末尾に「#PR」を記載します。

第4条(禁止事項)

各種メディアでは、以下のコンテンツ公開を禁止します。

  1. 他者を誹謗中傷等するもの

    他者を不当に差別もしくは誹謗中傷・侮辱し、名誉もしくは信用を毀損するものあるいはそのおそれのあるもの。

  2. 著作権や商標権等の知的財産権を侵害するもの

    • 許諾を得ていない音源を使用しているもの(「歌ってみた」や「踊ってみた」等で使用する楽曲は著作権等管理事業者の許諾を受けているものことを必要とする。)
    • 許諾を得ていない画像や映像を使用しているもの(外部からレンタルした素材であっても、使用許諾の同意が取れているかを確認することを必要とする。)
    • 許諾を得ていないキャラクター等を使用しているもの
    • 適切な場面で適切に引用表示がされていないもの
  3. 名誉権、プライバシー権、パブリシティ権、肖像権などの人格権を侵害するもの

    • 撮影した周囲に許諾を得ていない一般の人が映り込んでいるもの
    • 個人が特定できるようになっているもの、顔がはっきり映っているもの(特定できる場合にはモザイクを入れる等対応を行うこと)

    ※人通りのある場所、車通りのある場所、撮影地周辺の建物の映り込みに注意すること

  4. 薬機法に違反するもの

    • 「化粧品」「健康食品・サプリ」「健康器具」などの紹介で効能効果や成分を誤認させてしまう発言がなされているもの

    <医薬品等>

    • 医薬品および医薬部外品の場合は、日本で承認されたものであり、それぞれ、医薬品、医薬部外品と表示があること
    • 医療機器の場合は、日本で承認された医療機器であり、医療機器承認番号の表示があること
    • 医療用医薬品等については、一般人を対象としないこと
    • 医薬品、医薬部外品、医療機器いずれについても以下を遵守すること
    • 効能効果の表示は承認された範囲とし、条件がある場合はその条件も表示すること
    • 安全性や効能効果を保証する表現がないこと
    • 安全性や効能効果について最大級またはこれに類する表現がないこと
    • 医療関係者や、研究者、一般人の認識に相当の影響を与える団体等の推薦文言がないこと
    • 懸賞等の景品でないこと(家庭薬を見本として提供することを除く)
    • 不安感を与えないこと

    <薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品>

    • 薬用化粧品(医薬部外品)の場合は、上記<医薬品等>の医薬部外品に準じること
    • 薬用化粧品(医薬部外品)に対する効能効果の表示は、薬用化粧品の効能または効果の範囲とすること
    • 一般化粧品に対する効能効果の表示は、一般化粧品の効能または効果の範囲に限定すること
    • 薬用化粧品(医薬部外品)、一般化粧品いずれについても以下を遵守すること
    • 安全性や効能効果を保証する表現がないこと
    • 安全性や効能効果について最大級またはこれに類する表現がないこと
    • 医療関係者や、研究者、一般人の認識に相当の影響を与える団体等の推薦文言がないこと
    • 不安感を与えないこと

    <健康食品>

    • 医薬品と誤認させる効能効果を暗示、明示しないこと
    • 医薬品と誤認させる用法容量の指定がないこと
    • 医薬品と誤認させる形状のものには、食品と表示すること
  5. 景品表示法に違反するもの

    • キャンペーンや懸賞等の景品類の提供関連規制や、優良誤認、有利誤認等の不当表示規制等に抵触するもの
    • 体験談や一定の例外がある表現をした場合にはその旨の表示を、一般人が読むことが可能な大きさ・時間行うこと
  6. 詐欺的なものまたはいわゆる悪徳商法とみなされるもの

    • 無限連鎖講(ねずみ講)へ勧誘したり、紹介したりするもの
    • 連鎖販売取引(マルチレベルマーケティング、ネットワークビジネス)へ勧誘したり、紹介したりするもの
  7. 提供表示に沿っていないもの

    メディアごとの提供表記ガイドラインに沿っていないもの

  8. 法律、法令、公序良俗に反するもの

    • 薬機法、景品表示法以外の法律で定められる表示規制に抵触するもの
    • 個人情報保護法に抵触する個人情報の公開がされているもの
    • 監督官庁等による必要な許認可等がされていない商品、サービスに関するもの
    • 国内で承認されていない医薬品、医療機器に関するもの(国内で承認されている医薬品、医療機器に関するものであっても、医療コンテンツに該当するものは掲載しない)
    • 危険ドラッグ、合法ハーブ等と称されるものに関するもの
    • 偽ブランド品など、ブランド商品の模倣品、偽造品を推奨するもの
    • 投機心を著しくあおる表現のもの
    • 児童ポルノに関するものまたはこれを連想させるもの
    • 反社会的勢力に関するもの
    • 犯罪を肯定、美化、助長するもの
  9. ユーザーを不快にさせるコンテンツを含むもの

    • 成人を対象とした性的な商品、サービスに関するもの
    • 性に関する表現が露骨なもの
    • 売春や援助交際のあっせんまたはこれらを正当化したり、推奨したりするもの
    • 醜悪、残虐、猟奇的なもの
    • 非科学的または迷信に類するもので、利用者を惑わせたり、不安を与えたりするもの
    • 下着を着用した女性の姿が写っているもの(下着のみが写っているものは除く)
    • 露出度の高い衣服等を着用した女性の姿が写っているもの
  10. 特定の宗教、思想、信仰、信条に関する内容

  11. 政治、宗教活動を目的とするもの

  12. 所有者の許諾を得ていない場所で撮影したもの

  13. 虚偽または事実誤認の内容を含むもの

  14. 個人情報(氏名・メールアドレス・住所・電話番号など)が含まれるもの
    (ソーシャルメディアの機能により自動的に表示されるものを除く)

  15. 当社または第三者の知的財産権、財産権、営業秘密、プライバシー、その他の権利及び利益
    (当社のブランドイメージを含む)を侵害するものあるいはそのおそれがあるもの

  16. 各ソーシャルメディアが定める不正行為に該当するもの

  17. その他の一切の権利を侵害し、もしくはその他の一切の法令に違反するもの

第5条

視聴者又はその他第三者から動画内容についてクレーム等を受けた場合は下記の手順で対応します。

  • コンテンツの炎上の可能性等が発覚
  • 投稿担当者・SNS管轄事業局の責任者へ連絡
  • 事実確認
  • 対応方針決定・再発防止策の検討
  • 決定に基づく対応の実施

2021年2月1日 制定

CONTACT USお問い合わせ

W TOKYOのサービスに関するお問い合わせ・東京ガールズコレクションの素材貸出や取材のお申込み・その他TGCに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

VIEW MORE

COMPANY会社概要

東京ガールズコレクションを日本最大級のプラットフォームに育て上げてきた独自のプロデュースノウハウを活かしあらゆるIPに付加価値を創造し続けるブランディングIPカンパニーです。

VIEW MORE