NEWS

‘19.06.20

  • INFO

株式会社W TOKYO、新株主体制のお知らせ

マイナビの追加出資、CCCグループ、トランザクションとの戦略的資本業務提携
藤野英人氏、片山晃氏、東義和氏を含む著名投資家の資本参加
東京ガールズコレクションのプラットフォーム戦略を加速し非連続成長を実現

株式会社W TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上範義、以下W TOKYO)は、2019年6月20日付にて、親会社である株式会社ディー・エル・イー(以下DLE)による株式譲渡契約が締結され、新株主体制に移行いたします。今回の株式譲渡においては、既存株主である株式会社マイナビによる追加取得、新たにCCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社、株式会社トランザクションが株式を取得いたします。また、「ひふみ投信」を運営するレオス・キャピタルワークス株式会社代表取締役社長藤野英人氏、日本を代表する投資家の片山晃氏、株式会社TWO代表取締役東義和氏を含む著名投資家が株式を取得致します。なお、6月28日までにDLEと全取得者との間で譲渡が完了いたします。

W TOKYOは、東京ガールズコレクション(以下TGC)で培ったノウハウを活用し、ガールズカルチャーを世界に発信すべく、真のプラットフォーム戦略を推進しています。一般的に難しいとされるプラットフォームの構築ですが、W TOKYOは、TGCというキラーコンテンツを徹底的に磨いてきたことで、結果的に東京から日本そして世界にガールズカルチャーを発信できる、唯一無二のプラットフォームとしてサステイナブルな成長を続け、地方創生事業や国連本部でのファッションセレモニー開催等今日の確固たるポジションを確立いたしました。今回の戦略的資本業務提携により各社とのシナジーを早期に実現し、TGCプラットフォームを一層強固なものにしていくとともに、プラットフォーム戦略を基軸とした新規事業領域に積極的に参画してまいります。

 また今回、資本市場に精通した藤野氏、片山氏、そして投資家としてのみならず、起業家として確固たる実績をもつ東氏を含む著名投資家に資本参加いただくことで、W TOKYOは新たなステージに進んでまいります。今後は、金融的なスキームも活用しつつ、当該投資家と共にTGCプラットフォームの非連続な成長を実現し、具体的には、TGCプラットフォームとの明確なシナジーが期待される企業への出資を通じた連携を積極的に推進してまいります。